虫歯にならない様に歯を守るためのお助けサイト

>

唾液が歯を守る

保険制度の欠陥

なぜ日本人の歯の状況が悪いのか。
それは、保険制度に一因が有ると思います。
つまり病気の人には優遇され、健康の人には厳しい一面が有ります。
具体的には、歯のクリーニングやフッ素塗布などの予防には保険が効かないのです。
他の先進国では保険が効く国は、予防の意識が高く結果として歯周病も少ないのです。
本来歯医者は対処療法ではなく、予防に重点を置いた健康維持にこそ重点を置くべきなのです。
若いうちから健康に投資する意識が弱いのです。
口の健康が全身の健康に直結します。
予防こそ保険で治療できるようにすべきなのです。

歯の治療費はなぜ格安だと思いますか。
それは歯医者がコンビニ以上に飽和して多くなり、価格競争しているからです。
歯科医は、厳しい環境に置かれています。

歯が不健康な理由

歯の予防先進国のスウェーデンという国が有ります。
日本人の80歳以上の歯は平均8本に比べて、スウェーデンは平均20本も有ります。
一日の歯磨きの回数は、日本人の方が多いそうです。
教育の差が大きいです。
日本は歯医者は怖いところ、嫌なところのイメージが強いです。
スウェーデンはそんな怖いイメージは無いそうです。
子供のころからの環境も大きいです。
予防の為に定期的に歯医者に通う事が出来るかどうかがポイントになると思います。

最後に歯を残す事の意義を伝えたいと思います。
・自分の歯で噛む事が健康な体を維持することに繋がる
・幸福を感じる事が多くなる
 歯が無くなると噛む事が大変になり、食事も困難になります。
 結果として、消化が悪くなり胃腸に負担がかかるので体調に悪影響になります。
 自分の歯が有れば、おいしい食事が食べる事が出来、健康で長生きが出来ます。


この記事をシェアする